合宿免許選びの決定版!おすすめ合宿免許サイトランキング

home > 合宿免許情報 > 合宿免許で取得できる免許の種類

合宿免許で取得できる免許の種類

 免許を取得する方法としては、自動車学校に通う方法と合宿免許でとる方法があります。その中で、短期間で免許を取得したいのであれば、合宿免許になります。免許の種類によって異なりますが、普通免許のオートマ限定であれば最短14日で摂ることができます。ちなみに、マニュアルにすると16日かかります。そのため、通学に比べてかなり早く進めることができます。ちなみに、1日に受けられる教習の時間が法令で決められていて、1段階は2時間、2段階は3時間となっています。しかも、2段階は3時間連続はできないことになっています。合宿免許にする人を見ると、学生などが利用することが多く、春休みや夏休みの期間は込み合う傾向にあります。そのため、申し込みをするときには、混雑状況などを確認してできるだけ早めに申し込むことが大切です。

 免許には種類があります。初めにもあったように合宿免許は最短でとれるため、普通免許で申し込む人が多いです。しかし、それ以外にも教習所によって異なりますが、バイクや大型車なども取り扱いをしているところもあります。その中で、持っている免許によって期間が異なります。最低限、普通免許を持っていることによって、初めからとるよりも早く終わらせることができます。例えば、普通二輪の場合は最短9日で終わらせることができます。ちなみに、16歳から取得できるのですが、その場合には普通免許を持っていないためもっと期間が延びます。そして、大型免許を取る人は単独でとる人もいれば、けん引免許や大型特殊なども同時進行で進めるという人もいます。単体でとるよりも安く済みすぐに仕事に直結させることができます。それ以外にも、2種免許も取り扱いをしているところがあります。

 教習所を選ぶときのポイントがあり、第一に重視するポイントとして料金があります。基本的には、通学よりも高くなるのですが、宿泊費なども含まれるため結構お得になります。そのため、できるだけ安いところを選ぶことが大切です。ちなみに、マニュアル車で宿泊費等込みで28万円前後になっています。そして、部屋の種類によっても異なり、シングルの部屋では高めになりますが、相部屋などにすることによって料金を抑えることができます。特に、学生の場合は仲間同士で申し込み相部屋にしてもらうということもできます。そして、技能検定は合格するまで保証してくれるところや、それに伴って宿泊費も保証してくれるところがあります。条件もありますが、その点をクリアしていれば安心して教習を受けることができます。

カテゴリー

PAGE TOP